365sec再編集版スタート

 2016年の途中で更新が止まっていた365secですが、水面下でず~~~っと撮影は続けていました。あるとき、以前の編集ルールを変更する必要を感じて最初から再編集することにしたのですが、この作業が思いのほか負担が重くて、仕事が忙しくなってきたタイミングで作業を棚上げしたまましばらく放置する形になってしまっていました。

 しかし、このままでは編集待ちの動画ファイルばかりがどんどん溜まっていってしまう・・・と、ようやく重い腰を上げることにしたのです。

旧365secと再編集版の違い

 旧365secは既にYouTubeから削除済みなので参照することはできませんが、1か月ごとの編集分は無音で、1年ごとにBGMを付けてまとめていたと記憶しています。

 再編集版では、カット編集からやり直しているんだけど、実は初期のころからの数年間は編集時に音声をカットしてしまっているものがほとんどで、しかも元の動画ファイルと編集データは保管されていないものが多かった。だってまさかこういう思い付きで始めたプロジェクトで編集のやり直しなんて想定していなかったんだもの。

違う、こんなことをしたいんじゃない

 あるとき、YouTubeで海外のクリエイターたちが公開している僕のと似たコンセプトの映像たちを観ていて、「僕はキラキラした自分を演出したいわけじゃない」ということに気が付いたんです。彼らの映像はスタイリッシュで高クオリティなショットの連続で、見事な編集技術によって美しく訴求力の高いものに仕上がっていました。当然そこにはドラマチックなBGMが乗っかっているわけ。プロモーションビデオなんですよ。僕はそういうものを目指したわけじゃないんです。そういうものは仕事で作ればいいし、別の作品としていくらでも作れるはずなんです。

これはドキュメンタリーなのかな?

 僕がこのプロジェクトでやりたいことは「人生を少しだけ切り取ってアーカイヴする」っていうこと。当然、編集するから演出は加わるし、人生の中で大事なシーンを全てトレースするわけじゃないけど、密着取材のドキュメンタリーだって撮りこぼしや編集による演出は必ず加えられている。

 「ドキュメンタリーです!」って看板掲げるほどタイトでストイックなストレートさは必要ないと思うので、一般の普通の人たちがこの映像のどれか一つをふと目にしたときどこかの誰かの人生を少しだけ覗き見ることができるような面白さがあればいい。しかも撮り切りで完結してるものじゃなくて僕が生きていて撮影を続けられる限り継続するわけで、興味を持った人には楽しみが続く。

次回、#001公開!というか

 実はすでにYouTubeにはUP済みなので、PC向け表示ではこのブログのトップでも埋め込み映像として再生されています。このブログのレイアウトを変更してこんな感じになったので、PCから見ている場合、最新の動画は常にTOPで見られるようになりました。個別の記事でも埋め込み動画を見られるようにしますが、過去の旧365secは既にYouTubeから削除されているので見ることはできません。

 今後は再編集版が仕上がったタイミングで更新していきます。ストックの編集が終わったらそのあとは1年ごとの更新になるのかな? まだそこまではっきり決めていません。まずは次回の更新をお楽しみに!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中